有限会社 秀建
〒680-0904
鳥取県鳥取市晩稲534
TEL.0857-30-0810
FAX.0857-30-0820
新築・工務店・一戸建て・木造住宅・自由設計・注文住宅・建築設計・デザイン住宅・無垢の家

木の家

木の家(地産地消)

暮らしを無垢と共に

 
「ああ、いい香りだな」何年たっても玄関に入ると香る気の心地よい香り。
無垢の木のやさしい豊かな手触り、木は断熱性にも優れています。冬暖かく夏涼しい家で自然素材と共に暮らす。ふたつとして同じものは存在しない美しい木目。
木は伐採された後も呼吸しています。つまり、屋内の湿度を調整する調湿作用があるんです。(調湿作用によって結露やカビの防止を助けてくれ、空気をきれいにして室内を快適に保ってくれます。木材の使用量にもよります
やがて時が流れると家族の成長と共に天然の木も飴色に替わってきます。
そして小さい頃の子どもの残した手垢も心地良い味となり暮らす家族の大切な思い出へ。
古いようで新しいそんな「暮らし方に合わせた家族にぴったりの家」を手の届く価格で。
なるべく鳥取で育った木を使い鳥取の風土に合わせた木の家をご提案します。鳥取県産材の木材で新築、リフォームをされると条件により助成金を受けられます。

[1] 在来軸組工法とは

在来軸組工法は、日本の伝統的木造工法をベースに発達した建築方法で、木造軸組工法とも呼ばれています。軸組とは柱、梁(はり)で構成される架構の方式をいい、柱は上部の構造体を支え、梁は水平材として屋根、床などの重量を支える。地震、風などの横からの力(水平力)は壁面に入れる貫や筋かいや合板が分担します。
 
在来軸組工法は、古くは釘・金物を使用しない接合方法でしたが、現代では接合部の強度補強に金物類が多用されるようになりました。
合理化にともない機械加工も主流になっています。
木造軸組工法の特徴として、プランに合わせた断面や耐力壁の種類や必要量を配置でき、住宅全体としては計画自由度が高いことが特徴です。

[2] 在来軸組工法の特徴

構造材料 ( 製材、集成材などの木質材 )
比強度が高い
重量の割には強度が高く、住宅自体の重量がかさまないので基礎や躯体自体の負担が少なくてすみます。
加工性が良い
断面や材長のバリ工-ションが多く、現場での加工も容易なのであらゆる場面で対応性が良い。
断熱性が高い
鉄やコンクリートに比べ断熱性が高く、構造部が断熱構造上の弱点になりにくい。
人に優しい
木は天然素材で、吸放湿性、色感・質感、環境保全性など、さまざまな面で人に優しい材料といえます。
 
軸組工法
軽快な施工性
構造部材サイズの多様性、自由度が高く、下記のような利点があります。
  • 敷地形状への対応性が高い。
  • 道路条件に左右されない。
  • 地域の条件(積雪、台風)に合わせた構造計画が容易。
  • 間取りに合わせて構造が計画できる。
  • 斜線制限や高さ制限への対応性が高い。
  • 大きな開口部がつくりやすい。
  • 断熱層がとりやすい。
多雨に適した工程
躯体の建て方から屋根工事までの期間が短く、工事途中の降雨による悪影響が少ない。
 

秀建は木材問屋

素材の魅力を生かし培った技術と木に対する目利きの自社大工が木材管理。仕入れも直入れの為、中間マージンがかかりません。頑丈で良い材料をリーズナブルに提供出来ます。自社加工工場もあるので、構造材はもちろん木製無垢家具、一枚板の洗面台、お客様のこだわりに細かく対応できます。
自社大工が頑丈な木材を直仕入。管理。
 
他社製材所 → 木材市場 → 工務店
弊社製材所 → 秀建(中間マージンが大幅にカット出来る)

自社棟梁大工

お電話からのお問い合わせはこちら
メールからのお問い合わせはこちら